イベント · 20日 9月 2022
2022年10月14日(金)~16(日)に都立産業貿易センター台東館にてつるや釣具店さん主催の第32回ハンドクラフト展が開催されます。 最近は2年ほどコロナの影響で開催が中止されておりましたので、気合が入っています。 今年のハンドクラフト展のパンフレットにはRetro Rod&ReelのBuddy Marbleエボナイトが掲載されており、益々気合が入ります。...
FF Goods · 16日 9月 2022
花梨を大量入手したため、手持ちの花梨については少し大胆に使用できる状態になり、気持ち的には楽になっています。 Wスタッカーの注文を受けておりましたが、完売状態で在庫がなく、急遽加工を行ないました。 ニッケルシルバーの加工に関しては、あまり変わり映えが無いので、花梨の加工について説明します。...
日常 · 09日 9月 2022
Retro Rod&Reelと言えば花梨とまでは認識されてはいないと思いますが、 花梨大好き人間としては、可能な限り花梨を使用したGoodsを作りたくなってしまうのです。 現在私が花梨を使用しているGoodsは以下の通りです。 1) リール 2) ロッドのリールシート材 3) Wスタッカー 4) Fly Box 5) Magnet リリーサー 6) Victorinox ざっとこんな感じです。...
Reel · 29日 8月 2022
Retro Reelの中で高級バージョンが花梨モデルです。 オーソドックスなエボナイトモデル、マーブルエボナイトモデル、ジュラルミンモデルなども展開していますが、この花梨モデルが群を抜いて大変な加工なのです。 前回のStainless 花梨モデル同様、花梨プレートの加工に神経を使います。 他社の花梨モデルがあるのであれば、是非一度比べて欲しいものです。 Retro...
Reel · 27日 8月 2022
仕事の進め方と言うのは案外難しいもので、例えばリールの注文があったとして、そのリールの在庫がなく、1から加工をしなければならない場合に、注文の1個を加工するのか、ついでに複数個纏めて加工を行なうのか、いつも悩ましいのです。...
Reel · 24日 8月 2022
快削洋白 通称ニッケルシルバーはバンブーロッドのフェルールや、フライリールのパーツ等に使用しています。 私の場合は、そのほかにWスタッカーなどの加工にも使用しております。 最近このニッケルシルバーの丸棒を購入いたしました。 φ8、φ10、φ12で長さ2500mmを半分に切断した状態で購入ししております。...
Bamboorod · 20日 8月 2022
ブランクの接着が終わり、余分な接着剤を取り除いた後は、フェルール接着、コルク接着・成形、ラッピングへと進んでいきます。 フェルールの加工に関しいては、今までと加工の順番を変えました。...
Bamboorod · 17日 8月 2022
バンブーロッドの製作で、曲がり直し、荒削り、バインディングと順調に進めてきました。 2本のロッドは7’03” #3 2pcs と5’06” #4 2pcsです。 バインディングを終え、火入れを行ないます。 火入れはかれこれ23年前に作製したオーブンで行っています。...
Bamboorod · 14日 8月 2022
今回はプレーニングフォームについてお話したいと思います。 バンブーロッドを作製するためには必ずお世話になるものです。 私も1999年にプレーニングフォームやプレーン等々を購入し、バンブーロッドビルディングをはじめました。...
Reel · 11日 8月 2022
前回のBill Ballanと同時に送付されたエアルームと言う機種です。 クリッカーの摩耗とリア側面のねじ紛失とのことです。 オーナーからのコメントで、紛失したネジの相方のオネジが短いため、すぐに外れてしまうとのことでした。 確認するとネジ2山程度しか噛んでいないため、外れやすいのは仕方ないみたいです。...

さらに表示する