Reel

Reel · 10日 10月 2021
先日紹介させていただいたBuddy Perforated Reelですが、ブラスのフレームにエボナイトのフェイスプレートで、 スプールとフェイスプレートに穴あけ加工を施してシルクラインでも乾燥が早くなるように配慮したリールを紹介いたしました。...
Reel · 08日 10月 2021
フライリールのハンドルは、両軸タイプのレイズドピラーリールにはやはりS字ハンドルが良く似合います。 S字ハンドルのお形状については、何パターンも試作して、形状を決定しました。 写真のBuddy ステンレス花梨モデルは左巻き仕様です。 Buddyリールはドラグシステムが無く、ラチェットのみなので、右巻きとして使用することも可能は可能なんですが、...
Reel · 29日 9月 2021
以前に依頼を受けて加工した。ステンレスフレームのBlister type"R"リールを加工しているときに感じたことです。 ステンレスフレームはBuddy Reelでは採用していましたが、Blisterには展開していませんでした。 このようにどちらかにしかない特徴を組み合わせることによって、新しい発見があるのではないかと考えたわけです。...
Reel · 13日 9月 2021
前回研磨まで終了していたBuddy Reelのフレームを輪郭加工を行ないました。 まず、リールのフレーム外径より一回り大きなプレートにフレームを載せてクランプします。 輪郭加工するときの基準はフレームの中心なので、フレームに対してツールがX方向とY方向に移動して、フレームに接触させて、中心座標を求めます。...
Reel · 08日 9月 2021
渓流シーズンも終盤を迎えておりますが、ここ最近はリールの修理が多いです。 多くはハンドルノブの破損修理なんですが、今回はPEERLESS No1リールの修理依頼について紹介します。 渓流で転んだようで、S字ハンドル部分のノブ付近の一番細くなった部分が曲がってしまったとのこと。 自分で元の形状に戻したところ、クラックが入ってしまったという事でした。...
Reel · 02日 9月 2021
9月になりましたが、相変わらず暑い奈良県です。 さて、ちょっと前にBlister Stainless Modelを作製いたしましたが、盆明けより、リールの加工を開始しておりました。 既に発表されていますが、2021年10月8日、9日に開催予定だったつるや釣具店さん主催の「ハンドクラフト展」はコロナの影響で中止となり、2022年2月18日(金)~20日(日)に開催予定となっております。...
Reel · 27日 8月 2021
Blister type”R" wide Stainless Modelを加工するために加工プログラムを修正し、加工を開始しておりました。 フレームの加工は旋盤での加工で、切り込み量をステンレス用に変更して通常の約3倍の時間をかけて加工を行ないました。 裏面、表面の加工を行ない、表面側の研磨加工を行ないます。...
Reel · 19日 8月 2021
Blisterリールに関する問い合わせがありました。 このリールデザインがお気に入りとのことで、体験ありがたい声を聞くことができました。 続けて、このリールのフレームをステンレスで作ることはできますか?との問い合わせでした。 このホームページのメインの部分には、バンブーロッドはオーダーするのに、リールは既製品でいいんですか?...
Reel · 12日 7月 2021
前回のブログで少し触れましたが、FacebookつながりでAMPEX CLリールのハンドルノブの修理を依頼された方と時を同じくして、同じAMPEX CLリールの修理を依頼されている方は、センターネジを紛失したとのことだったので、当初はリールを送付していただき、各部分を計測して加工する予定でしたが、ノブ修理のリールのセンターネジを計測したので、リールは送付していただかなくても加工できるというラッキーなことがありました。 AMPEX CLリールのセンターネジはM4の並目ネジであり、ネジの一部にローレット状の転写が確認できます。 ネジ頭の径は9.5mmだったので、φ10mmの真鍮でまずネジ部分を加工します。 M4.0なので、φ3.9mmまで削り込んで、ダイス加工でM4ネジを作製しました。 この状態で突っ切り加工してネジ頭部分がφ10mmの円筒状の状態にします。 次にネジ頭部分の加工を行なうのですが、まず、余り材料で外径8mmでm4のメネジ加工した治具を加工しました。 その治具に円筒状のネジを締め込んで、旋盤でネジ頭部分の加工を行ないました。 外径9.5mmに加工し、ネジ頭部分が円弧状になるようにバイトで面取り角度を変えながらR加工を行ないました。 次にネジ頭の円弧が終わる付近にローレット加工を行ないます。 全く同じようなローレット加工は出来ないので、ここはアヤメローレットの片側で斜めのローレットを入れました。 その後ネジ頭のR部分を軽く研磨し、スリワリ加工です。
Reel · 07日 7月 2021
まず初めに7/4(日)の出来事を! バンブーロッドの仕上げ削りを行っていたのですが、お昼ぐらいに、股間に違和感を感じていました。 その違和感とは、右の睾丸を握られているような感じで、次第に痛みが増大してきました。...

さらに表示する